2017年10大ニュース!!

今年2016年もあと残り僅かとなってきましたね。

今年の初めに掲げた目標や抱負はいくつ達成できましたか?

私は正直その目標自体覚えていません。

今年のやり遂げたい、達成したい事なのに覚えていないとは何事か!?

全く本気度が足りませんね。

これでは成功の神様も振り向いてはくれません。

ダメダメですよね。

 

自分ど真ん中で生きたいから来年のニュースを書こう

真面目に本気、自分ど真ん中に生きて行こうぜ!!

ということで、もう来年の10大ニュースを決めちゃいます。決めちゃいました。

来年の発表です。来年やり遂げたことを10個書きます。

是非みんなもやってみて下さい。

書き方は、達成・成功した前提で過去形で書きます。

デカイことを書く。誰かに見られたら笑われるような、でも自分でやりたいこと。

そういう事はひとまず棚に上げて書いてみる。

好きなこと、やってみたかったこと、こうなったら良いなーと思っていたこと。

それらを考えていると胸がワクワクして楽しくなってきちゃう事を自分の中で10個に絞ります。

 

とりあえず思いついたことを書いてみる

私の10大発表の中から一つ例に出すと、

1、読書333冊達成!!

私の中で3年で1000冊本を読む予定なので、来年2017年は333冊読破です。

来年一年間で333冊読めたら二年目は500冊くらいサラッと読めちゃう予定です。

そしたら1000冊なんてあっと言う間に読めちゃう計算。余裕余裕!ですね。

 

できるかできないかギリギリの目標もテンションが上がればアリ

このニュース、まず3年で読書1000冊はギリギリもいいとこの目標です。

最近は、この3年で読書1000冊を目標にしたので本をできるだけ読むようにしてますが、その前までは月に1冊読むか読まないか程度。

読書にハマってる時でさえ月に3冊読めば良かった方だと思います。

なのにいきなり、3年1000冊、来年は333冊の目標です。

年間333冊読書できた自分、、、かっこいいです。テンション上がります。

テンション上がるので来年のニュースに決定です。

 

書いた後は想像してみる

一旦考えて紙に書いてしまうと、それを達成するためにはどうしたらいいか、成功するためにやっておくこと、成功するために必要なことがどんどん見えてきてアイデアが浮かんできます。

成功する道筋やヴィジョンが想像しやすくなってきます。

そうすると、すごくワクワクしてきます。

考えてるそばからめちゃくちゃ楽しくなってきます。

この楽しくなってくる気持ちがとても重要で、10個書き終わって、自分で読み返してみると始めの方のニュースに「私、何て小さい事書いてるんだ!?」って思っちゃってます。

だからどんどんデカイ事書いちゃいましょう。

どんなにデカイ事書いても、その後に想像するとワクワクして達成・成功してるヴィジョンが浮かぶから不思議なもんです。

 

書くだけでなぜ叶っちゃうって実際動いてるのはあなた自身

書く事で、そこには絶対達成する!!やってやる!!という意思表示と、自分なら絶対できるという自己暗示と、言ったんだからやるという有言実行の自分縛りで成功の手綱をググッと引き寄せるのです。

書いてみて、成功している自分を想像してみて、そこに必要な事をやっていく。

Just do it.行動あるのみです。

夢を紙に書いて寝転んでいるだけでは何も変わりません。

一度成功している自分を想像してテンション上がりましたよね。

その自分に近づくには動く。ただ動くだけです。

そして来年末に答え合わせをしたら意外に叶っちゃってるはずです。

叶っていなくてもその夢や目標に向かって何歩も前進しているはずです!!

 

周りの人を巻き込もう

コツというか、成功により近づくために周りに発表するのも一つの手です。

そうすると、周りの人も目標達成の為に協力してくれるでしょう。

もっと良い事はその周りの人も2017年の10大ニュースをやることですね。

そしたら、お互いにできることは協力し合えますよね。

この、複数人でニュースを発表しあってる時のみんなのキラキラワクワクした顔といったら、子供みたいです。良い意味ですよ。

叶えて欲しいし、協力したくなるし、自分の背中も押してくれます。

良いことしかないです。

 

新しい気持ちで2017年を迎えるための準備

来年の叶えられている事を10個書くだけです。

今年もあと一週間です。

まだ一週間もあります。

とりあえず、書いてみるか。

そこからもう来年は始まっているんですよ。

 

2016年12月24日 | Posted in LALA BLOG | タグ: , , , , , , , , , No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です